第3話 3世代目birdy(現行モデル)の登場

初代birdyが開発されてから約20年の月日がたった2015年中頃、20年という長い月日のなかで得たデータやbirdyユーザー様からいただいたフィードバックを元にに3世代目のbirdyが生み出されました。

それまで、マウンテンバイクを意識したbirdyでしたが3世代目からロードバイクの要素が追加されています。

より、低重心で安定した走りを目指した3世代目のbirdyの裏側では、2世代目のbirdyの魂を受け継ぎつつより質の良い走りを実現するために何度もなんども設計図を書き直し、徹底的に取り組んだスタッフがいるのです。

見た目の変化以上に、乗り心地が改良された3世代目のbirdyは当時最新技術だったハイドロフォーミング工程をフロントフォークとスイングアームに採用しています。この工程により溶接が少なくなり見た目がより美しくなり、また、製品強度がより高くなりました。

birdyは価格は安くありませんし、世の中に流通している折りたたみ自転車の中で最小でも最軽量でもありません。ですが、初代から様々な技術を取り入れ改良を重ねてきたbirdyはどんな場所でも快適に楽しむことができる走行性を兼ね備えたトータルバランスの良い最高の折りたたみ自転車なのです。