自転車を楽しもう!まずは「ちょい乗り」

 

 

気軽に乗れて折りたたむことができ(種類による)簡単に輪行ができる魅力的な自転車「ミニベロ」は、街乗りから本格的なサイクリングまで楽しむことができます。様々な楽しみ方がある中で今回は初心者から上級者まで気軽に楽しむことができる「ちょい乗り」についてご紹介しようと思います。どんな服装をすればいいのか・・・どんな装備が必要なのかなどをまとめましたので是非ご参考にしてください!

 

「ちょい乗り」とは

「ちょい乗り」とは、ちょっとした買い物や近くのカフェに立ち寄ろうなど長くても数キロ程度(車でいく距離でもないけれど歩くのは遠いなという距離感。)の移動手段として自転車に乗ることです。普段歩いているよりも行動範囲がグッと広がるので近所にあった穴場なパン屋さんなどこれまで気づかなかったことを発見することができるのが魅力的ですね!

 

「ちょい乗り」にに適した格好とは?

「ちょい乗り」は気楽に楽しむもの。長距離を走る訳でもなくいわゆるサイクリングのように長距離を走るわけではありません。なので、日常の服装で足元が邪魔にならないようにすれば大丈夫です。

女性の場合はスカートは避けてください。チェーンリング等に巻き込まれてしまうととても危険です。ワイドパンツなども広がり具合によってはスカートと同様に巻き込まれてしまう恐れがあるので注意が必要です。男性もワイドパンツ等裾が広がっている服を着る場合はご注意を!

100円ショップでも見つけたのですが、このような足元の服をまとめることができるバンドがあると便利ですよ!

 

「ちょい乗り」に持っていると便利なもの

「ちょい乗り」とはいえ、人や車が行き交う場所を走ることになりますので最低限の安全を守るための装備を準備することがとても大切です。

  • ヘルメット
  • リフレクター(リア用)
  • ライト(フロント用)

以上のものを最低限準備すれば大丈夫です。上記にはありませんが自転車にスタンドを取り付けるおとちょっとした行き先でお茶を飲むときなど自転車を止める時などにとても便利ですよ!
※birdyの専用のスタンドは正規販売店にて購入することが可能です!正規販売店一覧はこちら

また、財布やスマートフォンを入れるための小さなフロントバックなどもあるととても便利です。ナイロン製のものもありますし、革製のものもあり自転車の簡単なカスタムにもとてもおすすめです。

    
▲弊社取扱のフロントバック

自転車の装備は高いものばかりと思われがちですが目的にもよりますが100円ショップでも十分揃ええることも可能です。ただ、より価格の高い商品のほうが性能等が良いことは確かです。デザインもたくさんありますので是非お好みの装備が見つかるといいですね!

 

PacificCyclesJapnちょい乗りオススメな自転車

初心者から上級者まで楽しめる「ちょい乗り」。安全に気をつけて是非楽しんでくださいね!
PacificCyclesJapanはちょい乗りからキャンプツーリングまで幅広く自転車生活を楽しめる車両をご用意しています!今回はその中から「ちょい乗り」にぴったりな車両をご紹介します!

【CarryMe】直径わずか約20cmの小さなタイヤ(8インチサイズ)に関わらず走りやすく、約8.6kgと軽量なうえに30秒もかからずに折りたためる折りたたみ機構。しかも折りたたんだ時の横幅や奥行きはA4用紙の上に収まり、縦長のロッカーにもすっぽり収納することができます。また付属しているキャスターでスーツケースのようにコロコロと転がせます。詳細はこちら

 

【IFmove】 IFはIntegrated Folding(完璧な折りたたみ)の略。IFmoveその名の通り、組み立てた姿も折りたたみの姿もとても都会的で美しい自転車です。ベルトドライブ採用で走行音がとても静かになっています。
ピストバイクをベースにシングルスピード理想のギア比を採用しているので平地もちょっとした上り坂も楽に走行することが可能です。詳細はこちら

 

試乗車を用意している正規代理販売店もありますので是非お近くの店舗にお立ち寄りください!試乗車等の情報も是非ご参照ください!!情報はこちら